考察

童話『ウサギとカメ』に学ぶ、努力についての考え方!あなたもはまっているかもしれない「落とし穴」とは?

更新日:

 

誰もが知っている童話

童話『ウサギとカメ』という物語は、誰もが知っている話です。そして、その物語の展開も、その結論も、そこから得られる教訓も知っています。しかし、この物語には実は「努力」についての解釈として、大きな「落とし穴」が存在するのです。

 

童話『ウサギとカメ』と教訓

子供の頃に読んだり、教えてもらったりした『ウサギとカメ』の物語では、足は速いけれどもそそっかしいウサギと、足はのろいけれども着実なカメが競争すると、早くにゴール直前に到着したウサギは余裕があるということで、昼寝をしてしまい、対して地道に努力をしてきたカメが、寝ているウサギを追い抜いてしまうというものです。最終的には、地道に努力したカメが勝つという結論になっているわけです。

さて、ここから何を学んだでしょうか?

「あぁ、ウサギは寝ちゃったからだめだったんだな。」

「カメは。遅くてもあきらめなかったから勝ったんだな。」

「つまり、どんなに小さな努力でも、あきらめずにコツコツ、コツコツと努力していくことが大切なことなんだな。」

と考えたし、教えてもらったことと思います。

 

実際、「カメ」に憧れるのか…?

しかし、この『カメ』が勝つという結論を知っているからといって、この『カメ』になりたいと思った人はいたでしょうか?

いや、誰もが望んだのは、もう少し慎重なウサギであるはずです。

憧れたのは、風のように速く、それでいて、ゴール前でうっかり昼寝などをしてしまわないウサギだったはずです。そう、レースに勝つためには、やはり足が速くなくてはいけないことくらいみんな知っているのです。だからこそ、憧れるのは『カメ』ではなく、『ウサギ』なのです。

実は、この『ウサギとカメ』の物語は、地道な努力の大切さを教えることを意図しているのに、結果として、 努力というものに対してよくないイメージを与えてしまっているのです。

つまり、努力は「のろまなやつ(カメ)」がすることだけれども、、たまにできるやつ(ウサギ)がヘマをすると勝利が転がり込むことがある、という印象を与えてしまっていわけなのです。

 

まとめ

以上見てきたように、この『ウサギとカメ』の物語の難点は、「世の中の人は、天賦の才の持ち主か、才能に恵まれない努力家か、そのいずれかでしかない」と思わせてしまうというところにあります。

そして、この考え方こそが「硬直マインドセット」の考え方なのです。

「硬直マインドセット」では、「努力なんて才能に恵まれない人のすること。頑張らなければできないのは能力に欠ける証拠。真の天才ならばおのずとできて当たり前」という考え方になります。

マインドセットに伴う考え方というのは、このように努力の意味さえも大きく変えてしまうのです。

 

<参考文献>

マインドセット「やればできる! 」の研究
Posted with Amakuri at 2017.8.27
キャロル・S・ドゥエック
草思社

-考察

Copyright© 脳と心の勉強部屋 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.