読書

占いというよりも科学だった!血液型で性格が決まるという科学的な理由

更新日:

ketsuekigata_character



血液型占いとは

歴史的にみれば、血液型占いというのは能見正比古(1925-1981)によって『血液型人間学』として考案されたものであり、70年代後半からブームを巻き起こしました。

能見正比古が考案したオリジナルのものとは異なりますが、各血液型の性格をざっくりと書くと

・O型 ⇒ 大雑把、大胆
・A型 ⇒ 神経質、几帳面
・B型 ⇒ 自己中心的、マイペース
・AB型 ⇒ 合理主義

といった感じです。

しかし、血液型と気質の関係についての統計的なデータにすぎないとされていました。つまり、科学的根拠はないと考えれていたわけです。

分子生物学(生物をタンパク質などの、ミクロな視点で研究する学問)の先生も「血液型というのは、赤血球の表面にある抗原の違いだけであるから、これによって性格が変化することは考えにくい。」とおっしゃっていました。

それでも、血液型別に有名人をまとめてみると、
・O型 ⇒ 福山雅治、坂口健太郎、菜々緒、カズレーザー、小栗旬、上戸彩 etc.
・A型 ⇒ 新垣結衣、山﨑賢人、石原さとみ、菅田将暉、桐谷美玲、ディーンフジオカ etc.
・B型 ⇒ 篠原涼子、小倉優子、有村架純、窪田正孝、松本人志、米倉涼子、神木隆之介 etc.
・AB型 ⇒ 星野源、広瀬すず、高畑充希、佐々木希、坂上忍、岡田将将、内村光良 etc.

科学的な根拠はないと言われても、なんとなく頷けてしまうから不思議です。

ちなみに、考案したのが日本人であるため、血液型占いは海外では日本ほど人気があるわけではありません。

血液型によって性格が決まる理由

さて、科学的根拠がないと言われてきた血液型占いですが、近年その理由がわかってきました。

ポイントは「免疫力」です。

血液型は赤血球の表面にある抗体の違いであるため、その人の「免疫力」に影響を与えます。

免疫力はO型の人が強いとされています。また、A型の人が弱いとされています。

そうすると、

O型 ⇒ 免疫力が強い ⇒ 風邪をひきにくい、ケガをしてもすぐに治る ⇒ 無理をしても大丈夫 ⇒ 自分の行動に関して、警戒心がなく、心配しない ⇒ 大雑把、大胆

A型 ⇒ 免疫力が弱い ⇒ 風邪をひきやすい、ケガをしても治りにくい ⇒ 無理ができない ⇒ 自分の行動に対して慎重になる ⇒ 神経質、几帳面

という合理的な説明がつくことになります。

しかし残念ながら、B型とAB型についてはまだよくわかっていません。

性格が決まるうえで重要なこと

性格が決まるうえで重要なことは血液型ではなく、経験であるということが言えます。

血液型は免疫力に影響することで、その人の行動に影響を与えるため、経験を変化させ、その血液型らしい性格を形成するというわけです。

最後に

血液型がその人の「免疫」に影響を与え、さらには「行動」に影響を与えるということから、血液型はその人の性格を決めるということが科学的に根拠づけられてきました。

免疫力の違いによる経験の違いが性格を決めるということは、逆に言えば、血液型という先天的な要素よりもそれに伴う行動、すなわち後天的な要素の影響が大きいと言えます。つまり、必ずしも血液型による性格分類が当てはまるわけではないということになります。個人の経験が重要な鍵であるため、その人のこれまでの生き方や育てられ方によっては、血液型占いに当てはまらない人もわりといるということになります。

血液型占いというのは、他の占いと比べても手軽であり、わかりやすいです。また、現代の統計でも証明されつつあることも確かです。しかし、その科学的な根拠としては結局「免疫力」の影響によるものということになり、先天的なものではないと言えます。このことは、血液型によって性格が完全に決定されるものではないということを示しています。

血液型で人を判断することは、ときに人を不快にさせたり不安な思いを抱かせたりしてしまいます(ブラッディ・ハラスメント)。

血液型の性格への影響についてきちんと知り、相手に不快な重いをさせないように楽しむようにしましょう。

<参考文献>

モテたい脳、モテない脳 (PHP文庫)
澤口 俊之
PHP研究所
2014-12-03


-読書

Copyright© 脳と心の勉強部屋 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.