読書

店員さんと話さなくても、本の取り置きができる!『honto with』が夢のアップデートを遂げた!

投稿日:

『欲しいけど未だないものに価値は生まれる。』

image


MARUZEN&ジュンク堂のアプリ『honto with』について、本屋さんに行かなくても在庫の検索ができるということで紹介しました。

このアプリが最新のアップデートでさらに便利な機能が追加されました!

それはなんと、「本の取り寄せ依頼」!

これまで、本の取り寄せは直接店員さんに話しかけて依頼するしかありませんでした。

しかし、本屋の店員さんって意外と忙しそうなんですよね。

それに、私のような内向的な人間にとっては話しかけることそのものも勇気が必要です。

そのため、これまで私は在庫の検索をして、こっちの本屋さんになければあっちの本屋さんに行ってみるということをしたり、あるいは諦めるということをしていました。

そんな、悩みを解決してくれるかのように、「夢の機能」を搭載したのが、今回のアップデートです。

『honto with』の使い方

さて、欲しい本があったとします。

例として、私が以前から欲しいと思っていた、ウィリアム・W・アトキンズ『記憶力』という本を「取り寄せ依頼」してみます。

まずは、本を検索します。欲しい本のタイトルを入力して検索するだけです。

『honto with』検索

お目当ての本を探します…今回は一番上にあるやつです。

『honto with』一覧

その本のページを開きます。(もし、以前検索したことがあり、「欲しい本」として登録していれば「欲しい本」からすぐに開くことができます。)

『honto with』

「近くの書店で探す」を押します。

さて、私の近くの書店は、すべて「×」となっており在庫がないことがわかります。

image

ここで、「取り寄せを依頼する」わけですが、この「×」になっている部分を押しますと、

image

このような表示になります。

で、「取り寄せを依頼する」を押すと、

image
image

あとは、必要なところに「電話番号」を入力して、「規約に同意して依頼する」を押すだけです。

そうすると、確認メールが届きます。

image

「ウワー、ベンリだー!」

あとは、店頭で受け取るだけという手軽さ!(このときは、さすがに店員さんに声をかけなければなりません(笑))

いやぁ、ありがたいですね!

これほど、手軽に取り寄せができるとは思ってもみませんでした!

え、もはや通販のほうがいいのではないかって?

・・・まぁ、たしかにそうかもですね(笑)

書店の在庫を検索:honto with

書店の在庫を検索:honto with
開発元:2Dfacto, Inc.
無料
posted with アプリーチ

-読書

Copyright© 脳と心の勉強部屋 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.